上野 武 / Takeshi Ueno

上野先生

プロフィール

自己紹介

  • 専門のキャンパス計画を通じて、大学と地域の連携について研究と実践を進めてきました。
  • 10年来続けている、つくばエキスプレス柏の葉キャンパス駅周辺の公民学連携によるまちづくりの経験を活かして、千葉地方圏の問題に向き合っていきたいと思います。

経歴・職歴

  • <経歴> 東京大学工学部建築学科1979、東京大学大学院工学系研究科1989工学修士
  • <職歴> 芦原建築設計研究所、上野藤井建築研究所、東京理科大学非常勤講師、放送大学非常勤講師、工学院大学兼任講師、1998千葉大学助教授、2008-現職、キャンパス整備企画室長、2009放送大学客員教授

趣味・特技

まち歩き、テニス

ひと言

  • 地域課題解決のためには、自治体・市民・民間企業・大学の連携が重要です。
  • 地域の将来を担う若い方々にも積極的に参加してもらえるプラットフォームを創っていきたいと思います。

その他

柏の葉アーバンデザインセンター(UDCK)副センター長

トップに戻る▲

研究・論文・講義など

所属学会

日本建築学会,日本建築家協会、日本都市計画学会、都市住宅学会

研究テーマ

大学キャンパス計画・教育研究施設計画・サステイナブルキャンパス・ファシリティマネジメント・大学と地域が連携したまちづくり・コーポラティブハウス・団地再生

発表論文等

  • <主な設計作品>
  • [1]コーポラティブハウス「深沢レジデンス」(2011世田谷区緑の景観賞、2005まちなみ住宅100選優秀賞)
  • [2] 九州工業大学先端教育コラボレーションプラザ(2010BELCA賞、2008グッドデザイン賞)
  • [3]高エネルギー加速器研究機構研究棟(2004環境設備デザイン賞、2001グッドデザイン賞)
  • [4] コーポラティブハウス「小石川の杜」(2002グッドデザイン賞)
  • [5]北の住宅 -Ⅰ(1996健康な住まいコンテスト最優秀賞)
  • <主な論文>
  • [1]大学キャンパスにおけるネットワーク環境を利用した施設利用統合管理システム・利用形態の異なるスペースと管理組織の統合システムのプロトタイプ
  • [2]環境マネジメント大学モデルによるキャンパス空間と地域の連携に関する考察
  • [3]産官学連携による地方自治体施設の一括省エネマネジメントシステム開発
  • [4]米国の大学連携型リタイアメント・コミュニティにみる地域・大学連携による居住環境整備の展開

主な著書

  • [1]キャンパスマネジメントハンドブック(共著)、丸善、2004
  • [2]地域と大学の共創まちづくり(共著)、学芸出版、2008
  • [3]失敗予防の住まい学(共著)、放送大学教育振興会、2009
  • [4]大学発地域再生(単著)清水弘文堂書房、2009
  • [5]いまからのキャンパスづくり(共著)、日本建築学会、2011

担当講義

大学と地域の共創まちづくり、地域の中のキャンパスづくり、都市環境デザイン、建築設計Ⅱ、建築設計Ⅲ、公共空間論(大学院)

トップに戻る▲

所属・連絡先

  • 所属:大学院工学研究科、キャンパス整備企画室、コミュニティ・イノベーションオフィス
  • TEL/FAX:043-290-2147 / 043-290-2148
  • Eメール:uenot@(@マーク以下にfaculty.chiba-u.jpと入力してください。)
  • URL: http://www.chiba-u.ac.jp/campusplanning/index.html

トップに戻る▲