事業コンセプト

事業コンセプト

img_01

地域産業イノベーション人材の育成

首都圏に近く、成田空港を有する立地を活かし、都市の研究シーズを千葉に集約させ、地方に還流し、地域産業にローカル・イノベーションを興す「地域産業イノベーション人材」を育成します。

地方創生先進モデルの提案

海と山に囲まれ、都市と農村が共存する千葉県は「日本の縮図」ともいえ、本事業が人口減少課題に直面する日本の地域創生先進モデルとなることを目指します。

2つの好循環(イノベーションサイクル)

千葉県は、東京に近接し若者人口が流入超過する「都市圏」と、若者人口が大きく流出する「地方圏」に二分されています。本事業では、若者人口が大きく流出する地方圏を事業協働地域とし、横芝光町、いすみ市、勝浦市の3市町を重点モデル地域としています。
事業協働地域にでは、地域産業を世界展開するイノベーションによって産業振興を図るとともに、産業振興を担う人材を地域の中で育成し地元に定着させることによって、2つの好循環(イノベーションサイクル)を生み出す「ローカル・イノベーション集積タウン」を形成します。
  • (1)産業振興や新たな雇用の場を創出することで、若者が移住・定住し、地域経済が活性化することで、人の暮らしやまちが元気になる好循環です。
  • (2)大学の研究シーズや技術を地域産業の育成に投入し、大きく成長させ、そこからさらなる事業拡大のための研究資金等を大学に還流する好循環です。これは、地方と大学が未来に向けて共に成長するモデルです。