COC+とは

COC+とは

img_07
地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)は、大学が地方公共団体や企業などと協働し、地方における魅力ある就職先の創出・開拓と、その地域が求める人材育成のための教育カリキュラム改革の取組みに対し、文部科学省が支援する補助制度です。
わが国では、「人口減少が地域経済の縮小を呼び、地域経済の縮小が人口減少を加速させる」という負のスパイラルに陥ることが危惧されており、地方・東京の経済格差拡大が、東京の一極集中と若者の地方からの流出を招いています。そこで、文部科学省では、地方の大学が地域の自治体や中小企業等と協働し、地域の雇用創出や学卒者の地元定着率の向上に関する計画を策定することを求めています。
具体的には、大学が地域の各種機関と協働し、学生にとって魅力ある就職先を創出・開拓するとともに、地域が求める人材を育成するための教育改革を実行することと、COC+推進コーディネーターを配置し、事業協働地域の連携強化や取組みの進捗を管理することを求めています。事業協働機関が設定した目標達成のために、大学力(教育・研究・社会貢献)を結集させ、事業協働地域における雇用創出と事業協働地域への就職率向上によって、若年層人口の東京一極集中を解消させる狙いがあります。
詳しい情報は、文部科学省「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」をご覧ください。